未経験者歓迎の職場が多い

薬剤師を目指す人の中には、医師や薬剤師などの医療関係者は皆高収入を得ていると思う人もいます。しかし実際には医師でも看護師でも薬剤師でも、給料は千差万別なのです。

 

 

 

高い給料の求人には応募が殺到するものですから、その高い競争率を勝ち抜かなければなりません。ではできるだけ高収入の薬剤師となるためには、どうしたらいいのでしょうか。

 

 

 

まず一般的な傾向ですが、じつは地方よりも都市部のほうが給料の平均は低くなる傾向があります。都市部のほうが比較的人材が足りているため、好条件を提示して募集する必要がないからです。

 

 

 

病院や個人クリニック、調剤薬局やドラッグストアなど様々な働き場があるとは言え、年収700〜800万円以上のような高収入の職はなかなか少ないものです。

 

 

 

あったとしても、長い経験が求められたり、管理薬剤師などの役職付きの人でないと難しかったりするでしょう。一方地方では、ドラッグストアを始めとして薬剤師は不足傾向にあります。

 

 

 

経験がない新卒社員でも、年収600万円以上で薬剤師を募集しているところもあります。地方出身者であれば、思い切って地元に戻って就職先を探すほうが、高い給料をもらえるかもしれないのです。

 

 

 

しかし都市部で働く場合でも、高年収は不可能というわけではありません。薬剤師としての資格を持っているだけでなく、自分なりの持ち味をアピールすることができれば、高額報酬の薬剤師の職に採用される可能性もあります。

 

 

 

薬剤師として高く評価されるのはどのような人かと言いますと、まずはそれまで勤めてきたキャリアが長い人です。

 

 

 

調剤や製剤であっても、ドラッグストアでの勤務経験であっても、同じ会社やクリニックで長年働いてそれなりに出世しているとなると、それだけ長く働ける人ということで評価されます。

 

 

 

一般的なサラリーマンを評価する場合と同じですが、雇う側としてはできるだけ長く働いて欲しいと思っているわけです、転職を繰り返す人よりも、やはり一所で長く働いてきた人に好印象を持つものなのです。

 

 

 

薬剤師としての仕事は多岐に渡りますが、一人で黙々と働く人よりも、チームとして業務に携われる人が高い評価を受けます。ドラッグストアであれば、店長や主任としてマネジメントができる人、薬学に関係しない部分の仕事も早く正確に行なえることなどに注目されるでしょう。

 

 

 

病院勤務の薬剤師であったとしても、周りとどのように協調してきたかをアピールできれば好印象です。いずれ管理職になることも視野に入れて採用してもらえれば、高収入の薬剤師になることも可能なのです。

 

 

 

薬剤師は未経験でも収入が高い。

 

薬剤師なら未経験でも高収入が得られる。

 

薬剤師なら未経験でも高収入が得られる。

 

 

 

まず、薬剤師になるためには国家資格を取得する必要があるため、たくさん勉強をしなければなりません。 ですが、見事国家試験に合格をして資格を取得することができたとしても、働き始めたばかりの時期は未経験ということになります。

 

 

 

薬剤師は未経験だと就職しにくいのではないかと不安になってしまう人もいるかもしれませんが、実際に薬剤師の求人情報をチェックしてみると、未経験者でも歓迎という求人が目立ちます。

 

 

 

また、未経験者向けに研修制度を用意しているという職場もたくさんあるので、まだ働いたことがない人でも安心してお仕事をスタートすることができるでしょう。

 

 

 

なぜ未経験者でも歓迎としている職場が多いのかというと、これは薬剤師の資格を取得するまでに必要な道のりが大きく関係していると考えらえます。 昔は4年制の薬学部で勉強をすればよかったのですが、今薬剤師の資格を取得するためには、薬学部で6年間学ばなければなりません。

 

 

 

6年と言うとかなりの年数ですよね。 何年も薬学部で薬について学び、たくさん実験や実習を行ったうえで薬剤師の資格試験に挑戦をすることができるわけです。 つまり、在学中にたくさん経験を積んでいるわけなので、資格取得後は即戦力として職場で働くことができるだけの知識を身に付けています。

 

 

 

即戦力になるというのは病院や企業にとって大変ありがたいことであるため、例え未経験者だったとしても高収入で迎えてくれるところがたくさんあるようです。

 

 

 

特に薬剤師不足の問題が騒がれているような地域であれば、ベテラン薬剤師と変わらないような好条件で採用してもらえる場合もあります。 もちろん、とにかく高収入が得られる職場であればどこでもいいというわけではありませんが、収入がどれくらいかというのは職場選びの大きなポイントになります。

 

 

 

未経験者のうちはそれほど仕事が忙しくなく、研修制度がしっかりしているところを選んだほうが失敗がなくて済むのではないでしょうか。

 

 

 

薬剤師という職業は、約7割が女性だと言われるくらい女性が多い職業です。 そのため、どうしても女性にとって働きやすい環境が整えられることが多く、男性薬剤師の中には働きにくさを感じてしまっている人もいるようです。

 

 

 

ですが、だからといって病院や薬局で男性薬剤師が求められていないというわけではありません。 求人情報をチェックしてみると男性薬剤師歓迎と書かれている求人も多いので、男性だから職場がなかなか見つからないというわけではないようです。

 

 

 

それに、薬剤師の資格を取得する人が増えたということもあり、男性薬剤師の数も増えてきました。 職場によっては、半々とまではいかなくても男性4、女性6くらいの割合で男性が働いている職場もあります。

 

 

 

ただ、働きにくさを感じてしまう男性薬剤師がいるのも事実なので、人間関係については事前に把握したうえで求人情報を探したいものですね。 男性薬剤師が多くない職場では、イジメの被害に遭ってしまう男性薬剤師もいるようです。

 

 

 

女性が多い環境の中で働く男性は、明るく接することができるように努力したいですね。 男性薬剤師がいるからこそ和やかな雰囲気を作ることができている職場もたくさんあります。

 

 

 

男性薬剤師の中には、自分が女性ばかりの薬剤師という職業で本当にやっていけるのか不安に感じてしまう人もいるかもしれませんが、男性薬剤師にとって働きやすい職場を選択することができれば、楽しく働くことができるはずです。

 

 

 

力仕事が多い職場では女性より力もちの男性が求められていることも多いので、働きやすい職場探しをする際には男性歓迎とされているものの中から選んでみてもいいかもしれません。

 

 

 

そして、オススメの求人は満足度No.1にもなっているリクナビ薬剤師です。

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴